ブログトップ

ラッキー琢磨の徒然草

luckytaku.exblog.jp

変更

ミカ・ハッキネン(後編)

(セナの容体については知らなかったんだ)表彰台での僕の行為について、みんなが僕の事を十字架にかけたよね。あの後、僕は決して表彰台で自分の感情を表すまいと決めたんだ。


1994年5月1日のサンマリノGP。F1の全てが変わってしまった日。レース後の表彰式初の3位の結果に笑顔を見せたあなたにメディアは一斉に非難の声をあげました。近年のインタビューで暫くはそのことがトラウマになった事を話していましたね。あの年セナが移籍せずにあなたとチームメイトになっていたらどうなっていたでしょうか。


f0132683_235394.jpg




永遠のライバルとの闘い。私達ティフォシが21年もの間待ち続けた跳ね馬のチャンピオン、あなたの存在はまさに悪魔のようだった。私たちティフォシは、あなたのメルセデスのエンジンが白煙を上げる度に歓喜の声をあげ、また幾度となくあなたのオーバーテイクにより失意のどん底に叩き落とされた。


f0132683_23145794.jpg


全世界のティフォシを絶望の底に追いやる
F1史上まれにみるオーバーテイク ←クリック



ただ、あなたには騎士道精神があった。2000年M.シューマッハのドライビングスタイルについてあらゆるドライバーがメディアを通して、彼を’口激’した時。直近のライバルのあなたはシューマッハを非難する事は無かった。ながいF1ドライバー人生の中でトラック以外で敵を作らなかった希有な存在であった。
まさに読んで字の如く好敵手(好かれる敵)だった。



f0132683_23251779.jpg



ただ、夢が叶うならば再びDTMでシューマッハと戦うあなたが見たかった。シューマッハと共に表彰台、少し変なガッツポースで決めるM.ハッキネン
2001年あなたがF1を引退した年に、一人のフィンランド人トライバーがデビューする。そのドライバーがワールドチャンピオンを獲得した年に、レース界を去る。フライングフィンは受け継がれる。


マニアの独り言・・・

今回はサラ・イネス先生のコメント風に書いてみました。

by lucky-takuma | 2007-11-17 23:31 | F1 | Comments(3)
Commented by A at 2007-11-19 00:56 x
なんか、ハッキネンに対する思い入れが強すぎて、
この文章読んでて泣きそうになりましたよ、、
内緒だよ。笑

ほんとに、フライングフィンは受け継がれていきますね。


一番うなづいたのは>へんなガッツポーズ

やっぱりみんな思っていたかwww



リタイヤしたあと林の中で大声で泣いたのは有名なお話だそうで。

まだF3000のころかな。。


私もまた見たかったです。ミカvsミハエル


ようつべ動画はソッコー保存しました。
やっぱりこの走りはしびれます。
Commented by lucky-takuma at 2007-11-19 23:20
>Aさん
ちなみに泣いたのは99年のモンッアっす

古くはマカオでも号泣(汗)
Commented by A at 2007-11-20 13:01 x
よく泣く男ですwww