ブログトップ

ラッキー琢磨の徒然草

luckytaku.exblog.jp

変更

F1イタリアGP反省会

F1第14戦イタリアGPトロロッソのセバスチャン・ベッテルがポール・トゥ・ウィンでF1初優勝ベ21歳のベッテルはアロンソの記録を塗り替えこれまた史上最年少での勝利。

今回も予想してなかったんだが〜、まあ予想してもあたらなかったな。ドライならコバと思ってたし、雨でも勝てるとこまではこないとおもってたんで・・・

マニア的天晴れ・・・

スクーデリア・トロ・ロッソ(天晴れ!!)(天晴れ!!)(天晴れ!!)
なにも言うことはない・・・素晴らしい勝利だ!!


マニアの独り言・・・
ベッテルが勝った。最年少で、フェラーリの地元モンッアで、フェラーリのエンジンでまさか勝ってしまうなんて凄すぎる・・・やはり持ってるものが違うのか・・・
今回のレースで象徴的だったのがチームメイトのブルデが予選4番手ながらマシントラブルでレースを失った事。週末の速さを見れば彼には十分に表彰台のチャンス。展開次第では優勝もあったかもしれない。しかしブルデにはF1ドライバーとして必要な、もって生まれた星の強さがなかった。まさかのマシントラブルがベッテルには出ずにベッテルは優勝。同じスペックのマシンなのに・・・
F1ドライバーは速さの他に運の強さも必要なのだ。いままでも、速いのに運が無く消えていったドライバーを何人も見てきた・・・




最近のF1の流れの速さに驚く・・・数年前まで、ライコネンだアロンソだと新世代のドライバーが出てきた。そしたら、昨年はハミルトンだクビサとそしてベッテル。週末にフェラーリがライコネンとの10年末までの契約延長を発表したが、それでもマニアには10年にフェラーリのラインナップがマッサとキミというのがイメージ出来ない。マニア予測するフェラーリのドライバーズラインナップは必ず変わる。それが来年か再来年かはまだわからないけれど・・・

by lucky-takuma | 2008-09-16 00:06 | F1 | Comments(0)