ブログトップ

ラッキー琢磨の徒然草

luckytaku.exblog.jp

変更

<   2009年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

f0132683_2048370.jpg


f0132683_20484114.jpg


製作者の意図がわからん・・・
by lucky-takuma | 2009-01-31 20:49 | 旅先にて | Comments(0)
f0132683_22352286.jpg







集団ゲートボール


f0132683_22363494.jpg

by lucky-takuma | 2009-01-30 22:36 | 旅先にて | Comments(0)
f0132683_20401761.jpg


噴火すげーな・・・
by lucky-takuma | 2009-01-29 20:40 | 旅先にて | Comments(0)
f0132683_18502255.jpg

端には泊まらんよ
by lucky-takuma | 2009-01-28 18:50 | 旅先にて | Comments(0)
f0132683_15523885.jpg

1階は 窓をあければ 駐車場
by lucky-takuma | 2009-01-27 15:52 | 旅先にて | Comments(0)
ブリヂストンタイヤの浜島裕英/開発本部長に溝付きタイヤの開発について伺いました。

「1998年に初めてF1に溝付きタイヤが導入されることになったが、それまでわれわれはスリックタイヤの経験しか持っていなかったのでこのモーターレーシング最高峰での溝付きタイヤ開発は非常にエキサイティングなものだった。

溝だけでなくトレッド・プロフィールやコンパウンドまですべてが新設計になったが、もちろん安全性の確保は絶対の条件だった。
2009年からは再びスリックタイヤでのグランプリということになるが、この間溝付きタイヤからわれわれが学んだ教訓も加わり、さらに新世代のレースが繰り広げられるものと期待している」


f0132683_22373060.jpg




マッタリレーシングのラッキー琢磨/開発本部長に溝付き長靴の開発について伺いました。

「昨年末に初めてレースに溝付き長靴が導入されることになったが、それまでわれわれは普通のシューズの経験しか持っていなかったのでこのバーンの耐久レースでの溝付き長靴の開発は非常にエキサイティングなものだった。

溝付きの長靴はナフコで新品で購入になったが、もちろん足が濡れない事の確保は絶対の条件だった。
2009年からは再び雨でのグランプリなら長靴ということになるが、この前溝付き長靴からわれわれが学んだ教訓も加わり、さらに足が濡れない快適なレースが繰り広げられるものと期待している」


f0132683_22445142.jpg





←関連記事はこちらからをクリック
by lucky-takuma | 2009-01-26 22:46 | その他・ABネタ | Comments(0)

by lucky-takuma | 2009-01-25 23:57 | その他・ABネタ | Comments(0)
f0132683_21362537.jpg

続くなー今週は
by lucky-takuma | 2009-01-23 21:36 | 旅先にて | Comments(0)
f0132683_20225292.jpg


今日の午前中はしんでたな・・・
by lucky-takuma | 2009-01-22 20:22 | その他・ABネタ | Comments(0)
『スクーデリア・トロ・ロッソ』は2009年のドライバーとして新人のセバスチャン・ブエミ(スイス)を起用することを正式発表した。

もともとレッドブル・レーシングのジュニア育成ドライバーの一人だったブエミは昨シーズンF1登竜門であるGP2シリーズに参戦してランキング6位。
一方これに並行して数回に渡って参加したトロ・ロッソのテストでは際だつ速さを見せ続け、ポテンシャルの高いところを首脳陣に示してシート獲得は確実とみられていた。

これにより注目はトロ・ロッソの残るもう一つのシートに誰が座るか、ということになったが、日本の佐藤琢磨をはじめ昨季のドライバーであるS・ボーデ、またやはりGP2での速さも印象的なブルーノ・セナ(ランキング2位)など複数の候補がいて、いまのところまったく予断を許さない状況だ。


f0132683_2211468.jpg






『ボデーワークス』は2009年のドライバーとしてムーブェミ(朝倉)を起用することを正式発表した。

もともとワークスのレギュラードライバーの一人だったムーブェミは昨むーぶジュニアの誕生で忙しく参戦はしばしお休み。
一方これに並行して過去に渡って参加したメガ耐では際だつ速さを見せ続け、ポテンシャルの高いところを首脳陣に示してシート獲得は確実とみられていた。

これにより注目はマッタリの残るもう一つのシートに誰が座るか、ということになったが、妄想のラッキー琢磨をはじめチーム総裁ドライバーであるS・ボデー、またやはり先日のレースでの速さも印象的なdaviットソン(偶然だぞ!?)など複数の候補がいて、いまのところまったく予断を許さない状況だ。





f0132683_22175191.jpg

by lucky-takuma | 2009-01-19 22:21 | その他・ABネタ | Comments(0)