ブログトップ

ラッキー琢磨の徒然草

luckytaku.exblog.jp

変更

<   2009年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

総合優勝  

ジェンソン・バトン (イギリス)


「今日は僕のキャリア最高のレースだった。この瞬間を心から楽しむことにするよ。チームにとって、ここでコンストラクターズとドライバーズのチャンピオン獲得を決められて、とにかく最高だ。僕たち全員が冬の間あらゆる困難な時期をくぐり抜けてきた後だけに、これはまさに彼らにふさわしいよ。」






f0132683_1726113.jpg





マニアの独り言・・・

1996年のワールドチャンプを覚えているだろうか?答えはD.ヒル苦労の末にタイトルを獲得した彼だがチャンピオンになってもドライバーとしての評価が高まる事は無かった、口の悪い人は曰く『ウイリアムズの車が速かったお陰だ』1978年のワールドチャンプは?答えはM.アンドレッテイこちらも評価は『ロータスの車とチームオーダーのお陰』ともに偉業を達成しながラッキーチャンプと陰口を叩かれたドライバー。今年のシーズン前半は完全にバトンのものであった。あの勢い・・・誰がチャンプ確定がブラジルまで長引くと思っただろうかシーズン後半、コンサバに入ったドライビングもありバトンへの向かい風は強かった。来年マクラーレンに移籍の彼は手強いチームメイトと組む事になる。今年の彼がラッキーチャンプだったのか?それとも彼が真のグレイテストドライバーなのか?答を出すのはバトン自身であろう

by lucky-takuma | 2009-12-31 17:52 | F1 | Comments(2)
年間王者

バレンティーノ・ロッシ (イタリア)


「これは偉大な達成だ。9度目の世界タイトル。7度目のMotoGPだ。みんなに、チームにこのタイトルを祝うために協力してくれた全ての人たちに感謝したい。」




f0132683_21535625.jpg





マニアの独り言・・・

シリーズに君臨する絶対王者に野心たっぷりの若者が挑む・・・そんな図式が見られたシーズンだったのだがここ一番のレースでは絶対王者が地力をみせる。ロッシにいままでで一番近づいたチームメイトといえるロレンソ。むしろ中盤の勢いはロレンソにあったはずなのに・・・しかし、転倒も多い彼は怪我も多くシーズン全般をベストなコンディションで戦うこうとは出来なかった。他のライバルのストーナー、ペドロサも怪我や体調不良に泣いたなか唯一大きな怪我も無くシーズンを戦ったロッシまさに (無事これ名馬なり)


レジェンドの域に達しているロッシ、速さだけではロッシは倒せない

by lucky-takuma | 2009-12-30 22:00 | F1 | Comments(0)
チャンピオン  

セバスチャン・ローブ (フランス)

「これまででもっともタフなシーズンだった。それだけに優勝でタイトルを決めることができて嬉しい」



f0132683_21261776.jpg


 
マニアの独り言・・・

シリーズに君臨する絶対王者に野心たっぷりの若者が挑む・・・そんな図式が見られたシーズンだったのだが最終戦で絶対王者が地力をみせる。最終日にミッコにマシントラブルがでたとはいえ。実際はデイ2で勝負はついていた。1ステージで10秒差、絶望的ともいえる差だったかもしれない。マルコム・ウイルソンをして『調べても車は調子悪くない、なにが悪いかわからない』といわせたミッコとの差。それって結局は運転席の上に乗ってるバラストの差ってことかい?ミッコは決して遅いドライバーではない。むしろシーズン中盤の勢いはミッコにあったはずなのに・・・


レジェンドの域に達しているローブ、速さだけではローブは倒せない

by lucky-takuma | 2009-12-29 21:47 | F1 | Comments(0)
チャンピオン

アンドレ・ロッテラー(ドイツ)&脇坂寿一(日本)組



脇阪寿一

「アンドレにはお前が相棒じゃなかったら獲れてないよと言ったんですけど、ほんとに僕たちにとっては強みですし、彼は走っている時にいろんな情報を伝えてくれるので、とてもレースがしやすい。タイトルは彼がいてくれるからこそ獲れたタイトルだったと思います」

アンドレ・ロッテラー

「本当に最高な気分! こうやってチャンピオンになれることは、僕たちドライバーにとっても、チームにとっても素晴らしい結果。4年間同じチームで戦ってきているけど、本当に最高のチームだと思う。父が病気になって以来、母国との間を往復することが多くなって迷惑をかけたけど、チームも寿一も協力してくれたので僕も頑張ることができたんだ。とにかく、チャンピオンシップが獲れて本当に最高だよ」







f0132683_21515188.jpg







マニアの独り言・・・

チームプレイ・・・スプリントの要素を強く持ちながら二人一組でチームを組んで戦う、世界的にみても珍しいカテゴリーのスーパーGT、今年はレクサスのロッテラー&脇坂組が獲りました。脇坂のコメントにもあるようにコンビを組んでから年々ドライバーのバランスとしては、ロッテラーの速さに影の存在感の薄くなりつつあった脇坂ですが、素直にロッテラーの速さを認め、また自分のドライバーとしてのプライドにも上手に折り合いをつけつつチームに貢献する。脇坂はホントにプロの意識の高いドライバーだな〜と思ってます。


by lucky-takuma | 2009-12-28 21:59 | F1 | Comments(0)
年間王者

ロイック・デュバル (フランス)


チャンピオンが確定したと無線で聞いた瞬間、ここまで僕を信頼して支えてくれた家族、チーム、スポンサー、メディアやファンの皆さん…ともかくすべての人に少しでも恩返しができたことを本当に嬉しく思いました。






f0132683_2351852.jpg





マニアの独り言・・・

改革元年?のFNでしたが、鳴り物入りで投入のオーバーテイクボタンも全く機能せず、チャンピオンのロイクなどは、押しても意味ないとばかり結局レース中に使うことはなかった。今年は小暮と二人だけでレースしてたようなもんだから、シーズンの盛り上がりもイマイチ。それ以前に参加台数が13台というのがなんとも寂しい。まるでバーンのスプリント戦みたい。明日はバーンの決定戦か・・・欠場です(涙)

by lucky-takuma | 2009-12-26 23:09 | F1 | Comments(0)
年間王者

ダリオ・フランキッティ (スコットランド)

「07年と同じで燃費セーブを必死で続け決めた作戦の通りに燃費セーブに徹し、優勝、そしてタイトルを手にすることができた。昨日の予選でのポールポジション獲得から流れはよかったと思う。この1年間、すばらしい力を発揮し続け、最高のマシンを用意してくれたチームに感謝する」






f0132683_21392846.jpg







マニアの独り言・・・

出戻り男・・・昨年はNASCARで不幸なシーズンを送った。ダリオが最後の最後劇的優勝の大逆転でチャンプ獲得。いやーこの人みんなマークしてなかったんだけどね〜、最後のケチケチ燃費走法でピットストップ回避の作戦が大当たりであった。インディの特色の戦略の重要性がでた。しかし今年はなんか地味なシーズンだったきがするけど・・・まあ、見所としては武藤がなかなか頑張ってたんではないかというのと、ダニカが覚醒しかけたシーズンだったが、両者ともにあと一歩だったかな?来年に期待

by lucky-takuma | 2009-12-25 21:45 | F1 | Comments(0)
総合優勝

ティモ・シャイダー (ドイツ)




今日は最高の1日なった。スタッフみんなに感謝したい。何ヶ月も前に宣言していたけど(総合チャンピオンになったので)入籍するよ!!



f0132683_22305965.jpg





マニアの独り言・・・

今年もシャイダー、正直この人の連覇は想像していなかった。シャイダーの速さはいよいよ本物か?そして、最後までシャイダーと争ったゲイリー・パフェといいドイツ人は速いのが多いね。それにしても、チャンピオンとったら入籍するのって今年はやってんの?まあこの人の場合は事実婚だったらしいんで問題はなかろうが今年のトレンドなのかね?入籍とオールドイツって。あとスーパーGTとの規格統一の話があるのはホントかな?だったら日本遠征もありだよね。それにしてもA4は格好いい車だな〜

by lucky-takuma | 2009-12-23 22:35 | F1 | Comments(0)
2009年チャンピオン

青山博一  (日本)


チャンピオンシップにとっては素晴らしい一日になった、とても難しいシーズンだったけどシーズン始めからチームのみんなが支えてくれた。おかげで毎レース全力で臨む事ができた本当に感謝している。






f0132683_23105544.jpg






マニアの独り言・・・

世界で戦う日本人・・・の青山博一がチャンピオンが獲れそうだ!といことで、二輪に関してはまだまだニワカのマニアも今シーズンはがっつり最後まで観てました・・・
そして、ついに青山がチャンピオン獲得!!めでたい。過去3年間のKTMでの不幸なシーズンも忘れさせる快走だった。うーんいいね!日本人が海外のシリーズを制覇するのは久しぶり(カムイもGPアジアは獲ったけど残念ながら世界的評価が?のシリーズなんで)彼のヨーロッパで戦う姿勢。イギリスF3の頃の琢磨を観てるようで頼もしかった。来年のmotoGPのステップアップ。決して楽な道では無いだろうがそれでも青山には期待してしまうのだ。

by lucky-takuma | 2009-12-22 23:20 | F1 | Comments(0)
2009年チャンピオン

ベン・スピーズ (アメリカ)


必勝だと応援してくれたチームに感謝したい、今日のレースは状況を伺っていたもし芳賀が勝っても(チャンピオン条件の)6位ならいいとおもっていた。本当に最高の1年だった。チームに感謝したい参戦1年目でこうしてタイトルを獲れてよかった。まだ実感がもてないけど徐々にわいてくるだろう。





f0132683_19495243.jpg






マニアの独り言・・・

世界で戦う日本人・・・の芳賀がチャンピオンが獲れそうだ!といことで、二輪に関してはまだまだニワカのマニアも今シーズンはがっつり最後まで観てました。が、残念ながら芳賀は土壇場のレースで転倒。チャンピオンは獲れなかった。残念。しかしスピーズのシーズン通しての速さは凄かった。来年はモトGPにフル参戦なんで少し注目してみよう。それにしても二輪はライディングのスタイルが視覚的にハッキリ解るんで面白いね。スピーズのこの独特の腕のフォームはなんか面白い。

by lucky-takuma | 2009-12-21 19:55 | F1 | Comments(0)
僕のチーム(フットワークF3)は、F3000のチームもあるので、隙あれば上(F3000)を狙いたい



f0132683_1193991.jpg村松栄紀というドライバーを覚えているだろうか?1989年の全日本F3で影山兄、服部、金石らと切磋琢磨しつつF3000を目指して翌年に夢を叶えるも、同年のテスト中に不慮の事後でこの世を去った悲運のドライバー
片山右京の親友でもあった






若き日のラッキー少年が初めて名前を覚えた、ミドルフォーミュラのドライバー。全日本F3だったけど・・・
速い人がいるんだなと思っていた。どちらかといえば影山よりも当時は印象の残っていた記憶がある。







f0132683_1282671.jpg



当時は雑誌の小さな写真で見る程度、彼の画像を見たのは彼の死後10年以上が経過してから、こんな顔してたのか〜とか、懐かしい記憶と共に思い出にふけったもんだ











オートスポーツの『村松栄紀、富士でテスト中に事故死』の見出しを見た時の衝撃は今も忘れない、レースに興味を持ち始めたラッキー少年が初めて遭遇したレーサーの死だったから・・・

















f0132683_1375359.jpg






数年後右京がTV番組で、つい数分前ピットで話してた友達がコースアウトしてすぐに助けに行ったけど亡くなってしまったという話をしていたのを観た。村松の名前こそ出さなかったが、すぐに村松の事だと解った。





目の前で親友が亡くなっていく様を目撃したのだ右京は・・・






そして、右京がまた同じ十字架を背負ってしまった・・・言葉がない






ニュースをみてなんか村松栄紀の事ばかり思い出していた
by lucky-takuma | 2009-12-20 01:47 | F1 | Comments(2)