ブログトップ

ラッキー琢磨の徒然草

luckytaku.exblog.jp

変更

<   2015年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

総合優勝  

ルイス・ハミルトン(イギリス)


「レース中はずっと『チャンピオンはすぐそこにあるはずなのに・・・どうやったら手にできるんだろう?』と考えていた。香りが分かるほど近いのに、それを手に入れられる気がしなかった。アイルトン(セナ)と並べたことも信じられない。僕に影響を与えたのは彼だったし、タイトルを3回獲得することがずっと目標だった。今は他に並びたいと思う人はいない。できる限り長く続けたいだけだ。戦う場所がどこであってもドライバーなら勝ちたいと思うものだ。でも、これは究極のゴールだ。チャンピオンシップの意味は“偉大さ”だ。自分と自分のチームのね! このチームは本当に偉大だった。心から感謝している。このチームとなら勝てると思った。だからここへ来たんだ・・・それを実現したよ!」




f0132683_21315364.jpg



マニアの独り言・・・

1992年だったか?マンセルが圧倒的な力でシーズンを制したのは?あの年も同じマシンを有するチームメイトはマンセルの真の対抗馬とは成り得なかった。今年はその年に似たような退屈なシーズンだった。無論、マンセルにもハミルトンにもなんの非はなく、彼らの功績は間違いなく素晴らしいが。

ここ、数年でF1からはいろいろな物が失われていく。すべてが元に戻る事は容易ではないのだが、F1がモータスポーツの頂点である限りF1を信じで来年もまったり観戦。



by lucky-takuma | 2015-12-31 21:45 | F1 | Comments(0)
チャンピオン


松田次男(日本)&ロニー・クインタレッリ(イタリア)組


松田次男

「なんと言ってもロニーが前半頑張ってくれたし、その後のピットワークも凄かったですね。ドライバー交代やピット作業は、シーズン中ずっと練習してきたことだし、あの頑張りで僕もアウトラップで踏ん張れたと思います。後半は、ラインが1本しかなく、GT300やバックマーカーも絡んで、ヒヤヒヤすることも多く精神的にとてもタフなレースになりました。でも王者らしい、良いレースができたと思います」





ロニー・クインタレッリ

「スタート前に軽い雨が降ってくれて、ウェットスタートになったことは、私たちにとってラッキーでした。スタート前はタイヤ選択にものすごく悩んだのですが、結果的に一番良い条件で前半のレースができました。少ない雨量の時のレインタイヤのパフォーマンスを信じていたので、恵みの雨でしたね。フルプッシュできたことで、戦略的にも楽になりました。次生くんの粘り強い走りも凄かったね」






f0132683_2322322.jpg





マニアの独り言・・・

安定のニスモ連続王者へ、シーズン序盤こそつまずいたニスモですが最後は地力の強さをみせ王者獲得へ
インパルも最後の最後まで頑張ったが、チーム、ドライバー含めずべての総合力が一枚ニスモがうわてだったかなとういう印象。今年も鈴鹿の1000キロは観戦できたし、SUPERGTはレースが面白いな、良きカテゴリーです



by lucky-takuma | 2015-12-30 23:31 | その他・ABネタ | Comments(0)
f0132683_22531803.jpg


↑ 膨れるわ〜





by lucky-takuma | 2015-12-29 22:52 | その他・ABネタ | Comments(0)
年間王者


ホルヘ・ロレンソ(スペイン)




「オートバイのことが本当にきちんと分かってる人達には、ライダーとしての…チャンピオンとしての僕の真価は分かってもらえてると思います。僕はただただ勝利を喜んでいればいいでしょう。当然、ヴァレンティーノのファンは今日の展開を喜んではいないだろうけど。もちろん、セパンでヴァレンティーノとマルク(マルケス)の間に起きたようなことが、なかったのならもっと良かったのだろうけど。でも、あの件があったからといって、僕の勝利が半減するわけではないでしょう。」






f0132683_22441443.jpg





マニアの独り言・・・

レースはトラックの外で行われている・・・一言でいえばそんなシーズン終盤だった。シーズン前半に車体の合わせ込みに苦労するロレンソをよそに、着実にポイントを重ねたロッシ
近年まれに見る面白いシーズンだったです。ロッシファンですが、ロレンソのチャンピオンには納得。
 
セナ・プロの鈴鹿と同様、今年のマレーシアって永遠に語り継がれていくんだろうな。
そしてモータースポーツの面白とは、コース上のバトルと人間関係の軋轢、政治である!


by lucky-takuma | 2015-12-28 23:24 | F1 | Comments(0)
年間チャンピオン  
 

セバスチャン・オジェ (フランス)


「またチャンピオンを獲得することができて最高の気分だ! 初めてタイトルを獲得した時も嬉しかったけど、タイトルを獲る度に喜びが増しているよ。

 今はコドライバーのジュリアン(・アングラシア)と3度目のタイトル獲得を喜び合いたい。この3年間、素晴らしいチームと共に達成してきたことを実感するには、もう少し時間がかかりそうだ。フォルクスワーゲンにマニュファクチャラータイトルをプレゼントできたことも、喜びに花を添えてくれたよ」








f0132683_22285793.jpg





マニアの独り言・・・

もう、何回目のチャンピオンだろうと思ったら、まだ三度目なのか。ただこの数字以上にオジェの絶対感が凄い。ラトバラはもうオジェに近づくことはできないだろうし。他のワークスもオジェとVWを崩せるとはとても思えない。

レース外でやらかしたVWの今後に、やや不安が残るも、来年からはもうWRCは1レース・イベントだと割りきって鑑賞していこう

by lucky-takuma | 2015-12-27 22:33 | F1 | Comments(0)
シリーズチャンピオン


スコット・ディクソン(ニュージーランド)



「今年も僕のチームメイトたちは素晴らしかった。彼らの助けがあってタイトル獲得はなったと思う。みんなで一緒に掴んだチャンピオンシップだと言える。すべてのクルーの働きぶりにも感謝したい。レースで勝ち、タイトルを獲得するのは、決してひとりでできるものではないのだ」





f0132683_229536.jpg




マニアの独り言・・・


最終戦のダブルポイントの妙はあったとはいえ、安定のディクソンが大逆転でシリーズチャンピオンを獲得、う〜ん強い!
個人的にはモントーヤのチャンプも見たかったが、ここは素直にディクソンの粘り強さに敬意を示す。
琢磨も、存在感は示してくれたが結果がなかなか伴わず歯がゆいシーズンでした。
そして、シーズン終盤のジャスティンウイルソンの死亡事故。影響からか来年はオーバル開催のレースは大幅縮小される見込み。

決してファンは、ドライバーの怪我やシリアスな事故を見たい訳ではないが、IRLには近年モーターレーシングに失われた、チャレンジ&リスクが残っている数少ない真のモーターレーシングだと思う
今後のIRLがオーバルとどう向き合うのか?マニアとしては見守りたい。







by lucky-takuma | 2015-12-26 22:20 | F1 | Comments(0)
f0132683_21061623.jpg


↑ 七島にて




by lucky-takuma | 2015-12-22 21:05 | Comments(0)
f0132683_22262486.jpg


↑ 設置したで






by lucky-takuma | 2015-12-19 22:25 | Comments(0)
f0132683_18192695.jpg


by lucky-takuma | 2015-12-18 18:19 | Comments(0)
f0132683_20511736.jpg


↑ 飾ってるで




by lucky-takuma | 2015-12-14 20:50 | Comments(0)